設立趣意書・規約

【市民オンブズマン とくしま】 ~参加への招待状~

◆ 県外の人の目にうつる「とくしま」の姿は

徳島県は山口県に次いで、県外の人が移住を希望する県の全国ワースト2だ、とのあるメディアのショッキングな調査結果がありました。わが徳島県は近畿圏にもほどほどの距離にあって、立地に恵まれ、山や海や川は美しく自然は豊かで、また食べ物も新鮮で美味しく、人情も厚い県であるのに何故?と考え込んでしまいます。しかし県外の人が感じている徳島県の印象は、私たち県民が抱いている自画像と大きなギャップがあり、県外の人は徳島県とは、住みにくく居心地の悪い全国の中でも有数の魅力に欠ける県である、と評価しているようです。

私たちは全国レベルで見た、鏡に映る客観的な自分の姿を見つめなおす必要があります。

◆ 私たちは「とくしま」をどうする?

かつて徳島県は大正時代の頃までは四国4県の中で最大の人口を擁していました。しかし今や人口は80万人を切り、今後も人口が減少していく予測がなされています。

徳島県に限らず今日の地方の衰退を招いた理由に、戦後の日本の社会が物質的な豊かさを求めて都市部に人やお金が集中して、その結果地方が置き去りにされたことを根本原因とする意見が有力です。こうした地方の衰退が止まらない事態を目前にしても何の行動も起こさない卑怯で無力な私たち自身に、自責の念と忸怩たる思いが湧いてきます。

時代の抗しがたい流れ等、やむを得ない諸般の事情があったとはいえ、全国でも有数の魅力度の低い徳島県を作ってきた徳島県の歴代のリーダー達の責任は改めて厳しく問われなければなりません。しかし私たち県民も、自分や家族、将来の世代が住む地域・「とくしま」を愛し、「とくしま」に希望と愛着を持てる生き方をしてきたのか、省みて自問すべきでしょう。

◆ 不本意な現状をチェンジ!

私たちは「とくしま」を愛するが故に、不本意な現状に対するチェンジの思いから、オンブズパーソン組織【とくしま見守り隊(現 市民オンブズマン とくしま)】を立ち上げました。

【市民オンブズマン とくしま】は

「とくしま」を愛し、地域の住民の持続的な共生が可能な、魅力的で住みよいふるさとづくりをめざします。

県下の自治体や関連機関の税金や公金の配分、使途、使い方をチェックし、特権と無駄を排し、公平で効率的な運用が可能になるよう、行政に働きかけます。(調査・研究・質問書や意見書提出・提言・住民監査請求・住民訴訟など)

 

会員の自発性や自主性を尊重し、その人の能力や状況に応じた会への参画を期待します。
会員の年齢は20歳以上、会費は年間6000円とします。賛助会費は一口1000 (但し学生は会費免除)

この会の趣旨や組織の運営方針にご賛同いただける方、私たちはあなたの参加を熱望しています。経験や知識は問いません。あなたの熱意や意気込みがなによりのであると私たちは考えています。住みよく魅力あふれる「とくしま」の再生に、あなたの力を是非ともお貸しください。 

そして、ともに奮闘努力しましょう。

規      約

 

1(名称)

本会は「市民オンブズマンとくしま」と称する。

2(連絡先の住所)

徳島市一宮町片山13-6

 

3(目的、活動)

本会は、徳島県民の立場に立ち、県民の持続的共生が可能な、魅力ある住みよいふるさとづくりをめざす。

その目的達成のため、県下の行政機関等地方自治体の情報公開を推進し、自治体やその関連機関の税金や公金の配分、使途、使い方をチェックし、特権と無駄を排し、公平で効率的な運用が可能になるよう、調査・研究・提言などを行う。

 

4(具体的活動内容)

1.本会は次の活動を行う。

自治体やその関連機関に対し、情報の公開と説明責任を求める活動。

自治体の行政や政治を見守り、調査・研究・提言を行う活動。

住民の行政への苦情・相談に応じる活動。

不当あるいは違法な行政の側の行為があった時、その被った被害を回復する活動。

会報を発行し、ホームページを開設する等、この会の活動を市民に周知する活動。

その他、第3条の目的に適った活動

2.会員及び本会はその活動により、私的な利益を得てはならない。

 

5(会員、賛助会員)

1.本会は、会の趣旨に賛同する自立した県民である20歳以上の会員によって構成する。

2.本会の趣旨に賛同し、賛助会費を払い支援する人を賛助会員とする。

 

6(会員総会)

1.本会は年に1回会員総会を開催し、前年度の活動の総括、新年度の活動方針その他の事案について討議し、決定する。

2.会員総会で、運営委員(若干名)・会計責任者(1名)・会計監査人(1名)を選任する。

3.会員総会は、会計責任者及び会計監査人よりなされた会計・監査報告を審議する。

 

7(運営委員会)

1.会員総会において選任された運営委員は、運営委員会を組織する。

2.運営委員は互選で代表、副代表、運営委員長を選任する。

代表は本会を代表し、副代表は代表を補佐する。運営委員長は、運営委員会を統括する。

3.運営委員会は、運営委員、会計責任者で構成する。運営委員会は、会の活動等に対する方針、意思決定を行い、例会、会員総会に報告し、会の事務や広報活動も担当する。 

第8条(三役会)

1.三役会は代表、副代表、運営委員長で構成する。

2.三役会は会の活動方針や事業計画を、運営委員会に適宜提案する。

第9条(例会)

1.例会は、すべての会員により構成し、原則月1回公開で開催する。

2.例会では、活動報告及び個別の案件を検討する。

第10条(会計)

1.本会は、会費、賛助金、寄付金等の収入で運営する。

2.会費は年間6千円(月額五百円)とする。但し学生会員は会費を免除する。

3.賛助会費は、年間1口千円とする。

4.会計年度は、41日から翌年の3月末日までとする。

5.会計責任者は運営委員会で適宜会計状況の報告を行い、会員総会で決算報告を行う。

 

第11条(会計監査)

1.本会は、会計監査人を置き、会計監査人は各年度の会計監査を行う。

2.会計監査人は、会員総会で会計監査の結果を報告する。

 

付則

・       この規約は、200991日より実施する。

・       2009年10月1日より、5条第2項を追加、旧2項は第3項に移行、また第8条第1項の「すべての会員により構成し」を削除。

・       2010年4月3日より、新第8条を新設、旧第8条以下は新第9条に繰り下げた。

・       2010年7月1日より、第2条(連絡先の住所)を変更した。

・       2011年11月1日より、第2条(連絡先の住所)を変更した。 

・       2012年8月1日より、第1条(名称)「とくしま見守り隊」から「市民オンブズマンとくしま」に変更する。 

・       2015年6月1日より、第2条(連絡先の住所)「徳島市南末広町5番69 サーパスシティ南末広一番館602号」から徳島市一宮町片山13-6

   変更する。